紫色のフォルムが特徴
手軽に栽培することが可能ななすは、5月中旬から11月中旬まで収穫できるため、長期間出荷がなされます。出荷規格の統一を図りながら、安心・安全な産地づくりに取り組んでいます。

​栽培概要

●作型●

●施肥設計●